マイナンバー 収集方法

マイナンバー制度が始まりますが、収集方法について悩んでいる中小企業の経営者や管理部門の責任者の方は多いのではないのでしょうか?
マイナンバーはセンシティブな情報ですので、徹底した管理が求められますし、何より罰則がかなり厳しいです。両罰規定があるものも多く、従業員の不正についても会社も同様に罰せられます。

 

これは、かなり厳しい法律です。ですので、マイナンバーは企業にとっては何のメリットもなく、重荷だけがのしかかるイメージの制度です。

 

マイナンバーの収集についてもルールやガイドラインが設けられていますので、それを参考に従業員のマイナンバーを適切に収集管理してください。

 

収集の方法としては、対面でも郵送でも構いません。郵送の場合にはマイナンバー通知カードのコピーでも構いません。ただし、その際に本人確認が必須となっています。運転免許証やパスポートなどで身分を確実にする必要があるのです。

 

これまで働いている社員ですので、何をいまさら確認と感じるかもしれませんが、身分の偽造もあり得ますので、行政手続きとしては、必ず身分確認を行う必要があるのです。

 

また、従業員に扶養者がいる場合には、扶養者の本人確認を従業員んいしてもらう形になります。実質、意味があるかどうかは別として、決まり事としてありますので、確認したという証明をなんかしらの方法で残す必要があります。